FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病という病

今日は梅雨らしいお天気だったコチラ地方。
涼しくて過ごしやすかったけど、
ワタシ的にはもう少し暑くても良かったな~


さて、今日は母の持病であった
糖尿病について書いてみたいと思います。

母は糖尿病歴(確か)35年の猛者でした。
糖尿病はけっこう重い方で、私の記憶では
発症してからインシュリン注射を打つようになるまで、
比較的早かったような・・・(←あやふやな記憶)

甘いものが大好き、ご飯が大好き、おまけに偏食。
若い頃はガリガリだったそうだけど、
痩せている写真なんて1枚もない(見たことない)くらい、
ずーっとポッチャリ型。
という、糖尿病になりやすい食生活&体質だったんですねぇ。

糖尿病は合併症がコワイとはよく聞きます。
糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害が三大合併症。
それに、細菌などへの抵抗力が弱まり、感染しやすく治りにくい。

ここまでは私も知っていましたし、母も合併症になってました。
でも、糖尿病が心不全になりやすく、突然死もある
とは知りませんでした。
知ってたら、家族としてもっと違った対応がとれたかも・・・

母は有料老人ホームに入所して約6年間で20kg位体重が増えました。
6年間で20kgってスゴイ増加率ですよね!!
高齢でそんなに食べるわけでもないのに、右肩上がりに太っていく。
そんな母がずっと不思議だったのですが、
最近、薬の副作用だと知りました。

母が実家で一人暮らしをしていた時の主治医は糖尿病専門医で、
きつく「痩せるように!」言われていました。
でも、老人ホームに入所してからの主治医は内科医で、
ぶくぶく太っても何も言われず、
家族から「痩せてほしい」と希望を言っても無視(?)でした。

医師からすれば、副作用があっても、
血糖コントロールがうまくいく薬を止めたくなかったのでしょう。
薬を変えたら、血糖値が以前のように上下すると
予想したのでしょうね。

でも、その薬のせいで、重度の肥満症になり
結局は心臓に負担をかけていたわけですから、
家族としてはやっぱり
だから言ったじゃないの!と言いたくなります。

まぁ、血糖値が上下するのが一番いけない、
体へのダメージが大きいとわかってますから、
どの薬を選んでも結果は同じだった。寿命だったのだ。
と、思うことにして自分を納得させましたけどね。


糖尿病は国民病といわれる昨今、患う人が増えてますが、
自分の努力で発病せずに済むのに、
自覚症状がないからと甘くみるなんて・・・モッタイナイ。
自分の健康を守るのは自分なのにね。


スポンサーサイト

犯犬はだれ?

今日は母にお供えするため、
ミスタードーナツでドーナツを買ってきました。
母はエンゼルクリームが好きだったんですよね~

後飾り(四十九日まで安置する祭壇)にエンゼルクリームと
ポン・デ・リングをお供えして、夕食の支度にとりかかりました。
で、夕食後、わんころずが後飾りのある部屋をウロウロするので
」と思って見てみると・・・エンゼルクリームがない!!!

あんな甘いドーナツ食べちゃうなんて!?
きっと、犯犬は食いしん坊のマーヤだと思うけど、
もしかして、O次郎とマーヤのフタリで食べた?
いやいや、マーヤがO次郎に譲るはずない。

悪いヤツら

まったく、悪いヤツだ。
マーヤはバシッと怒ってやりました。

しっかし、お供えも安心してできないな~

母のこと

6月1日 日曜日、早朝
母が亡くなりました。
満82歳でした。

大内宿
      昨年6月の旅行 大内宿で母と私

5月29日 木曜日、母が入所している有料老人ホームで
担当者会議があるためホームに行きました。

その日は母の希望で、昼食にサンドイッチを買って行きました。
母は糖尿病を患っていて、
食事の時間が遅れると低血糖になることがあります。
低血糖は、場合によっては死に至ることもあるくらいコワイものです。
私がホームに着いたのは正午を15分くらい過ぎていたので
大慌てで母の部屋に入ったのでした。

その日の母は、食事時だと言うのに、ベッドの上で眠っていました。
食事の時間に眠っているなんて、今までになかったことです。
おかしいな・・・と思いながら声をかけると、
母は目覚めましたが、コトバを発しても呂律がまわらず、
何を言っているのか聞きとれず、まぶたも閉じたまま。
上半身を起こそうとしても、自分で体を支えることができません。
ホームのナースに血糖値と血圧を測ってもらうと、
血圧は若干高めだけれど、低血糖にはなっていません。

食事をしないと低血糖になってしまうので、
とりあえず、買ってきたサンドイッチを食べてもらいました。
でも、食欲もなく、ほとんど残していました。

母の状態は、明らかにおかしい。
そこで、主治医のいる病院へ母を連れていくことにしました。
その日はホームのドライバーさんがお休みなので、
ひとりのヘルパーさんに付き添ってもらい、
私の車で病院へ。

主治医にはホームから連絡がいっていたので、
すぐに診察を受けることができましたが、
主治医も母の状態を見て驚いていました。
というのも、前日の28日、主治医はホームに往診に来ていて、
母も受診していたのです。
28日の母はクリアにおしゃべりしていたそうです。
それが、翌日には呂律がまわらないのですから、
ドクターは脳梗塞を疑ったようです。

それから検査が始まりました。
血液検査にCT。
母は息を吐くときに グー、グー と音が出ていたので、
胸の検査もしてくださいました。
診断は うっ血性心不全
肺と心臓に水が溜まっているとのことで、
水を出すための利尿剤による入院治療が始まりました。

入院して治療すれば、飛躍的に良くなる・・・
と期待したのですが、一進一退という感じでした。
そして、入院4日目の早朝、病院から「呼吸が止まっています」
との連絡を受けたのでした。
母は延命治療を望んでいませんでしたし、
私たち子供も望んでいなかったので、そのまま逝ってしまいました。

母は、入院前日まで笑って生活していたそうですし、
入院してから天国へ行くまで、あまりに短い時間だったので、
残された方は心の準備も何もありません。
今は、とっても寂しい・・・ ただ、それだけ。
三人の子持ちの妹が、
「親は生きていてなんぼだから」と言っていましたが
本当にそう。
片親だけでも、生きていてくれるだけでも、
心の支えだったのだと、気が付きました。
気づくのが遅かったですけどね。

鴨川旅行
         2010年3月鴨川旅行 母と私
プロフィール

まやおじママ

Author:まやおじママ
沖縄は心のふるさと
いつかまた沖縄で暮らしたいな

最新記事
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
アクセスカウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。